プロフィール

「じぶん再発見心理学」の専門家

心理カウンセラー 坂井 由美香

セラピースペースAperi (アペリ) 代表






「人間が恐くて超ネガ人間」な自分を克服すべく10年以上にわたる徹底した心理学の学びと実践を深め、公認心理セラピスト資格を得て2014年に起業。

コーチングについても学び、2017年から「じぶん再発見心理学」の専門家・心理カウンセラーとして活動を始める。

スカイプや対面セッションを通して、独自の視点から相手が抱える課題の本質を短時間で見抜く洞察力の評価は高く、「7年苦しめられていたPTSDの症状が、たった一回のセッションで解消された!」、「何があっても、どんな話をしても受け止めてもらえるという深い安心感で、思いのたけを打ち明けられる」、「人生が生きやすくなった」と、クライアントからの厚い信頼を寄せる心理カウンセラーとして活動している。

大分・福岡・東京・バリ島など国内外でのヒーリングワークショップに約12年間関わり、4歳の子どもから70代までのべ700名以上の心を解き放つサポーターとして「じぶん」と「愛」の再発見の場に立会った実績をもつ。




幼い頃から祖父の虐待に悩むも、
早朝から夜中まで仕事づくめの両親に、祖父による虐待や学校でのイジメの辛さを打ち明けられず「わがままを言わない良い子」として生きる息苦しい子ども時代を過ごす。

人々の心の動きを過敏に感じとり周囲の意見を優先し、自分さえ我慢すればと抑圧するたびに、家庭にも学校にも自分の居場所を失っていく。

世間でいう「愛」がどういうものかわからない灰色の世界で、CMやドラマで描かれる「暖かな家族」の光景を横目で眺めては「愛されないのは、私がダメな子だからだ…」と、孤独感を募らせていった。

母との確執にも苦しみ、社会科教師を目指し地域トップクラスの高校を志望するも母の反対にあい変更を余儀なくされ、3年後の大学受験も再び母の反対にあい進路を変更。

人生の転機で自分の希望が通せず、母の望みを優先する「良い子」の自分像に激しい自己嫌悪を深めていく。

さらに大学時代、教育実習中に起こったトラブルから人間不信になり教師を目指す道を断念し、子どもの頃から追い続けていた夢を見失う。

自分が望むものを手にできない経験を重ねるたびに、「自分は“人並み”ですらない」という劣等感がふくらみ、望むものを選びとる資格が自分にはないと思うようになる。


失意のなか実家の営む製造業の会社に就職。経理、人事労務、現場から配送まで組織全体の管理や運営に関わり、会社の事業拡大に努めるも、バブル崩壊とともに業界の先行きが不安定化し会社を清算、無職に。

社会福祉関係の団体に転職後、経理に精通する人材として人一倍働き業務改善に貢献するも、コミュニケーション能力の低さや他者と比べて落ち込む劣等感がつきまとう息苦しい30代を過ごす。

努力は空回りばかりで、心を打ち明けられないために友人もいない。

犠牲心とひきかえに仕事で成果を出しては、心身をすり減らしていく日々に「あと何年、生きなきゃいけないの?」と未来の見えない絶望感にさいなまれていた38歳の頃、人生の転機ともいえるエンライトメント心理学に出会う。


お金やモノで物質的に満たされても心の空虚感が大きくなるばかりの、安らぎが感じられない現状を変えたいと、すがるような想いで受講を決める。

人間関係も仕事も家庭環境も「マイナスのどん底」状態から、せめて「ゼロ」に戻したい。「人並み」になりたい。その一心で心理学の探究が始まる。

元来の研究肌と生真面目さで過去の自分と向き合いさまざまなワークと実践をくりかえし、実体験を通して「愛」の存在を知り、母親との確執など過去の痛みが癒やされていくのを実感する。


今までの人生観をくつがえされるような衝撃や痛みを味わいながらも、10年以上かけて自分を癒し心の理解を深めていくうちに、「家族のためではなく、これからは自分のために生きよう」と決意する。

長年の課題だった家族間の暗い時代に終止符を打ち、自分自身の幸せを純粋に生きる人生にシフトして初めて「マイナスからゼロ」の地平に立つことのできた自分を痛感する。

根っからの人間ギライな「愛がない自分」はゆがんだ思い込みであり、自分も他者も愛おしいという感情を純粋に受け取れたときから、世界の見え方が大きく変わり始めた。

「人が愛おしい」という気持ちにうながされるように、心理学の学びと並行して心に痛みを抱える人たちを癒すサポートに注力し始めると、自分と同じように愛の欠落感を抱える人のあまりの多さにショックを受ける。


年に一回開催される長期間のバリ島ヒーリングワークショップに11年連続参加。

心理学への投資額はゆうに1,500万円を超えた。

のべ700名以上の人の心に寄り添い続けるうちに、痛みに苦しむ人を癒すヒーラー、カウンセラーとしての才能に気づきはじめる。


10年にわたる心理学のワークの集大成とも言える、母親との確執という分厚い岩盤を割り、闇の底に埋もれた愛を掘り当てたとき、自分の使命を知る。

40年もの間、愛からはるか遠い世界を生きてきた私だからこそ、伝えられることがある。

数十層からなる硬い「感情」の岩盤を打ち砕き、温泉のようにあふれる愛の源を掘り当てたとき人は心の中に愛を感じることができると確信し、心理カウンセラーとして起業を決意。

愛や安心を知らなかった過去の自分のような人を一人でも多く癒し、「すでにある愛」への道しるべとなるべく2014年からカウンセリング活動を始める。




2017年より「自分の中にある深い愛に気づけば、過去の痛みは笑顔に変わる」をモットーに
「じぶんを知るための心理学☆7つのレッスン」を展開し始めると評判が口コミで広がり、現在のクライアントは東京から沖縄、主婦や個人起業家、会社経営者など多方面にわたる。


「今まで感じにくかった親への愛情をたくさん感じられ、包まれているような感覚になった」、「気づいたら、思わず本音を言っていた。自分でも気づいていない、または気づいていても目を背けていたことがセッションでわかり、気持ちがスっと楽になった」など、クライアント自身が「じぶんを再発見できる」「見失った愛を発見する」心理カウンセラーとして精力的に活動中。








【趣味】

海外の美術館・博物館・世界遺産めぐり、マンガを読むこと



【座右の銘】

痛みは才能に変わる



【資格】

日本ヒーリングセラピー研究所認定/心理カウンセラー・セラピスト、子ども育成トレーナー

日本クリスタルボウル協会認定/クリスタルボウル・サウンドセラピスト

目標達成メンタルコーチ

シータヒーリング(R)プラクティショナー

レイキヒーラー

高等学校教諭・中学校教諭免許(社会科)


2018年11月ホンマルラジオ大阪『縁とタイミング』に出演

写真をクリックすると番組が試聴できます(約30分) ↑