自分の未来をジャッジする癖

自分の未来をジャッジする癖

何かしよう

何か行動を起こそうとすると

必ず聞こえてくる声がある




こんにちは


じぶん再発見心理学の専門家

心理カウンセラー 坂井 由美香です。


 


フッとひらめきが降りてきた

人から素敵なアドバイスをもらって嬉しいと思った

素晴らしい人を見て、自分もそうなりたいと思った

これ楽しそうだナァと思った

これやってみたいと思った


そこに行ってみたいと思った




その直後に

自分の内からささやく声がありませんか?




お金がないよね

時間がないよね

やっても無駄かもしれないよね

私にはできない、無理だよね

あの人は特別だからできるんだよね

ホントに私、それが欲しいのかな?

人に嫌われるかもしれない

駄目だって言われるかもしれない

などなど




ヤル気が萎えるような

行動を止めさせるような

考えや思いが次々と湧いてきませんか?




そのささやき声を

あなたはいつから聞いていたのでしょうか?




その声の意見を

あなたはどのくらい自分の人生に

取り入れてきたのでしょうか?




その声に従って生きてきた人生に

あなたは満足していますか?




なぜ、やる前から

あなたはジャッジ(判断)して

自分の未来を決めてしまうのでしょうか?




未来はまだ決まっていません。


まだ何も起こってはいません。




相手にジャッジされる前に

自分からジャッジしようとしていませんか?




大丈夫、あなたが思うほど

未来や人はあなたに厳しくはありません。




あなたが感じている恐れを手放して

ジャッジを未来や相手にポンと委ねてしまえば

意外なほど軽く前へ進めるようになります。








自分の未来をジャッジしてしまう癖から抜け軽く前へ進める方法がわかる『心理ナビカード体験セッション』

柳川市・久留米市・福岡市・佐賀市内のカフェや自宅、どちらでも受けられます!


心理ナビカード体験セッション<個人セッション>

毎月先着5名様に限り5千円⇒2千円!


👆心理ナビカードをマンガで紹介してます♪



コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする