優先順位がつけられないとき

優先順位がつけられないとき

一番エネルギーを使うのが最初の一歩






こんにちは

じぶん再発見心理学の専門家

過去の痛みを笑顔に変える

心理カウンセラー 坂井 由美香です。


 


仕事と家のことで

いっぱいいっぱいになって

いらっしゃる女性に出会いました。




自分の仕事をこなしながら

新人教育もしなければならない。




上司からのプレッシャー

誰も助けてくれる人はいない。




やらねばならないことは山積み。




でも、もう何を優先したらいいのか分からない。


期末は目前に迫っている。




それだから

家を片付ける時間もなくて

汚れが気になってしょうがない。




仕事も家のことも

思うとおりに進まない。


できない、苦しい、どうしよう…。




重荷をたくさん背負い込み

ネガティブな感情と思考に

押し潰されてしまわれているようでした。




こんな状態になってしまったら

人からのアドバイスは

なかなか受け入れきれません。




どんな方法を提案されても

“でも、しかし、難しい、できない”

とブロックが掛かってしまいます。




自分のネガティブな思い込みで

ぐるぐる巻きになっている状態から抜けるには

煮詰まっている頭の中の考えや思いを

一旦外に出し整理してあげることです。




やらなければならないこと

自分ができないと思っていることを

すべて紙に書き出してみることで

物事を客観的に見ることができます。




それでも優先順位がつけられなかったら

直感でどれか一つに決めます。




決めたら、それをやることに集中します。

(そうすることを自分に約束するのです)




最初の一歩が踏めれば

次にやることが自然と見えてきます。




一つが動き出すと

不思議と他のことも動き出します。




そうすると

新しい方法や閃きが降ってきます。




どうしようと迷って

仕事の山を眺めていても

問題は片付かないので

まず最初の一つを減らして

心を軽くすることに集中しましょう。




車や自転車もそうですが

最初の一歩、
スタートに

一番パワーがいるのです。




そのパワーを出すこともできないほど

疲れ果てエネルギーがダウンしている場合は

自分を喜ばせ楽しませることから始めましょう。




数時間、半日、一日、二日間など

期限を決めて好きなことをして思いっきり遊びます




自分を喜ばせること=心を満たすこと

エネルギーがチャージされます。




大事なポイントは



①決めた自分に

「いいよ♪」「そうしよう!」と

軽くOKを出してあげること


②決めたことに集中すること


③やった自分を「よくやったね♡」とほめてあげること



この3つがポイントです。




もし、同じようなパターンを

人生で何度か繰り返しているとしたならば

そこには何らかの原因が隠れています。




それは、あなたが幼い頃

事実を確かめられないまま誤解し

思い込み決めてしまったことです。




その原因を見つけて癒し解放することで

短時間でもっと楽に進めるようになります。











 


クリスタルボウル体験会、心理ナビカード体験会などのイベント情報はコチラから👇



 


 


個人セッションのご予約はコチラから👇


 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする