完璧主義のゴールは?

完璧主義のゴールは?

できていないところを修正するのに喜びを感じる生き方

間違い探しの名人






こんにちは

じぶん再発見心理学の専門家

過去の痛みを笑顔に変える

心理カウンセラー 坂井 由美香です。


 


完璧主義の人は

できていないところにばかり意識が向かいます。


 


できてから、安心してから

やろうとするのでスタートが遅れます。


 


人によっては、用心深くなり過ぎて

石橋を叩いて叩いて叩き割ってしまい

一生スタートできないということもあります。


 


100%(パーフェクト)を基準にしているので

できた80%よりも

できなかった20%で悩みます。


 


自分のできていないところを

責めるのが得意なので

なかなか達成感や

満足感を味わうことがありません。


 


また

人のできていないところを探すのも得意なので

人に対しても厳しいジャッジをします。


 


 


では「完璧主義」の自分は

どのようにしてできたのでしょうか?


 


それは、多くの場合

幼い頃に親に評価してもらえなかった

悲しみや痛みが原因となってできたのです。


 


「これじゃあ、まだダメね」

「おまえならもっとできるはずだ」

「もっと頑張らないとダメだ」

「どうして、お母さん(お父さん)の言う通りにできないの?」

「なぜ、こんな点数しかとれなかったの?お母さん(お父さん)ガッカリしたよ」

など


 


親の判断する価値基準に

一生懸命に合わせようとして

できなかった痛みから




「じゃあ、こうしていく」

と決めたことが

あなたの価値基準になってしまったのです。


 


完璧主義の人は

自分のその価値基準から

動かないと決めています。


 


しかし

それは自分だけの価値基準なので

他の人には通用しません。


 


また

自分は駄目人間だからと

徹底してやらないという人も

完璧主義といえます。


 


完璧主義の人は

人から「すごいね〜」と評価されることに

価値(喜び)を見出しているので

自分のできていないところを

探し出すのが大好きです。


 


しかし

罪悪感から自分のできたところを

認めて価値を受け取らないので

やったことを失敗としか評価できません。


 


なので、失敗を恐れます。


 


そして

失敗を繰り返すまいとして

『何もしない』という

ところへと行き着くのです。


 

 




 


クリスタルボウル体験会、心理ナビカード体験会などのイベント情報はコチラから👇



 


 


個人セッションのご予約はコチラから👇


 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする