ポートレート撮影

ポートレート撮影

自然は何も見返りを求めず

ただそこに在り惜しみなく与えてくれる






こんにちは


じぶん再発見心理学の専門家

過去の痛みを笑顔に変えるカウンセラー坂井 由美香です。




先週末、詩人stanさんのメッセージ付きポートレートが届きました。





写真を撮られるのが超苦手な私ですが

友人の紹介するstanさん(高瀬賢太郎さん)の



年齢も性別も容姿も関係なく

人を人として自然体で撮っていらっしゃる写真を見て

“この人なら大丈夫そう” と

モニター募集に申し込んだのでした。




サポートをしてくださる奥様(高瀬美子さん)と

メールで打ち合わせをし

大分県由布市にある男池で撮影することになりました。





男池を訪れたのは18年ぶり。

友人と山登りをした時のことを思い出し

懐かしさに胸が震えました。




撮影ポイントを探し原生林の遊歩道を歩いていたら

美子さんが大きな木の前で立ち止まり

私と賢太郎さんを呼ばれたのです。




そこは、木々の間から差し込む朝の光が

ケヤキの大樹を照らし不思議な空間を創っていました。



そっと木の幹に手を触れると急に涙があふれてきて

“あぁ、私、泣きたかったんだ…” と

疲れている自分に気づいたのです。





靴を脱ぎ、大樹に身体をあずけると

足元から大地のエネルギーに満たされ

同時に、不要なものが頭上から抜けていくようでした。







安全に持ち運べる一番小さな

第3チャクラの
クリスタルボウルを持って行ったのですが

とても良く森の中に響いてくれました。



空間やお客様を気にすることなく

思いっきり響かせることができて気持ち良かった。



光の波動が森や山や地球を包んでいくようでした。





時間にせかされることもなく

ああして、こうしてという指示もなく

細やかな気遣いでそっと寄り添ってくださるお二人。


お二人のパートナーシップの

エネルギーの真ん中にいる安心感。



自分の内なる世界とつながり

ゆっくり自然とシンクロしながら

解放し満たされる特別な時間でした。


詩人stanさんのブログはコチラ↓

詩人Stanの非凡にして平凡なる日常

 



 




コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする